読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

成功する人生

自分の人生の記録に書いてるので、興味があれば見てください。

まあまあ波瀾万丈な人生 15

  こうして、大好きだった空手をやめることになってしまいました。本当に好きだったので、何もやる気にならず、ボーッとしていました。

今、思うとあの頃の私は、自分のことしか考えていなくて、周りの人のことをもっと考えてあげるべきだったと思います。

   もう、先生とは、関わり合いたくないですが、先生には、感謝しています。中途半端な自分がここまで強くなれたのは先生のおかげだし、死ぬつもりだったので、あまり恐怖しなくなりました。

 

    それから、空手の先生は、この2年後ぐらいに破門になりました。子供でも容赦ないところがあったので、陰で捌いていたみたいで、それがバレて大分問題になったみたいです。

 

 

 

    昔の侍は、死人といって、戦に行く時に、自分は死んだ人間だと思い、死への恐怖心をなくしていたらしいです。

   私も、あの首を吊るつもりだった日に、自分は死んだものだと思って、毎日、生きるように心がけています。あの時、人殺しにならず、自分も死なずにすんでよかったです。

 

 

    こうして、私の恩師となる、おじいさんとおばあさんと、一緒に暮らすことになりました。

 

 

 

 

   私が、隠れていた所は、ものすごい山奥で、野生の鹿とか、イノシシとかが、よく出てきます。店も一軒しかなくて、賞味期限の切れたお菓子とかが売っていました。携帯電話の電波も入りませんでした。

    おじいさんは、元学校の校長先生で、おばあさんもとても優しい人でした。息子の会社の従業員とはいえ、よく知らない男を一緒に暮らせてくれたと思います。

    おじいさんは、いつもお前は素晴らしい子だから頑張りなさいと言ってくれました。『私が、素晴らしいだって、何を言ってるんや、このじいさんは』と、最初は思っていたのですが、いつも言われるので、だんだん気持ちよくなってきました。

    このおじいさんは、元学校の校長先生ということで、村の顔役みたいになっていて、いろいろな人のお世話をしていました。

    この村には、酒乱のおばちゃんが住んでいました。田舎なので、酒を飲むぐらいしか楽しみがないようで、人の家に入って、酒を盗んだり、じいさんが、お金に困ってるだろうからと、組合のお金を集める仕事を紹介してあげたら、お金をくすねたりしていました。

    この人は、旦那さんがなくなっておかしくなったみたいで、遺族年金を貰っていたみたいなのですが、全部、酒代に使ってしまい、娘が一人いたのですが、高校に行かせてあげられませんでした。それで、おじいさんが、尽力して、施設から、学校に行けるようにしてあげて、高校に入学できるようにしてあげました。そしたら、このおばちゃん、一升瓶もって、娘を返せって乗り込んできました。

    私は、じいさんに『あんな恩知らずなオバハンほっといたらいいやん』と言いました。すると、じいさんは、『かわいそうやろ』と言って、野菜をあげたり、いろいろ世話をしてあげていました。

   

 

      私は、世の中にこんな人いるんやなって思いました。この辺りから、ずーっと自分の幸せの為だけに生きてきた、私の人生感が変わってきました。

    そして、こんな人になりたいなと思うようになりました。つづく