読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バカなオヤジの逆転人生

割と波瀾万丈な人生で、現在も借金地獄に落ちてしまったので、皆さんがこんな風にならないように書いてます。

まあまあ波瀾万丈な人生 19

   こうして、中国に着くと、空港を出てすぐに乞食の子供が集団で抱きついてきました。そうすると嫁が、触らせたらあかんと言って突き放してました。何でも抱きついて、その隙に財布をするそうです。

 

   今は、どうなのか知りませんが、当時は、一人っ子政策で、二人目の子供から、戸籍を持つには、お金を払わないといけないらしく、お金を払えない親が子供を捨てるみたいで、マイナス15℃のなか、曲芸してる兄妹のルンペンもいました。

 

   そして、割と大きめの百貨店に入ると、普通に店を構えて、偽ブランドの店がありました。

    本物だと言ってくるのですが、グッチの財布が、いくらか聞くと、3千円ぐらいだと言ってきます。すごいのは、中に入ってる紙切れまで、本物と同じように作ってました。

 

     イトコの彼氏は、買っていました。どうやって持って帰るか聞いたら、腕にはめて帰ると言ってました。

 

    前の奥さんの家は、すごいボロボロでトイレは外にあって、トタンで囲われた所に、穴が空いているだけでした。

 

   夜は、マイナス15℃とかになるので、外では無理だからと、洗面器を台所に置かれて、ここでしてと言われました。本当にこんな所で用をたすのか?と思っていたら、朝、元嫁は、父親が朝食を作っている前で、洗面器にオシッコしていました。すげーな中国人って思いました。

 

    元嫁には、妹がいて、昔は裕福だったらしく、お金を払って戸籍をかったみたいで、その後、父親が友達に騙されて、貧乏になったらしいです。確かに、父親は、人が良くて、親戚のマージャンでも、カモにされてるみたいでした。

 

    風呂がないので、銭湯に行くことになったのですが、風呂に入ってからでたところに、ショーをしてるところがあって、そこで、父親とショーを見ていると、二人組の女性が来て、何か話しかけて来ます、私は、『日本人です』という、中国語しか、わからなかったので、そういうと、父親とやたら、話をし出して、身体にまとわりついたりしていて、父親の腕を引っ張って、何処かに連れて行こうとしていて、私も一緒に連れて行かれて、個室が並んでるようなところの前にくると、父親が必死になって腕を振り払い、私を引っ張って、そこから逃げるようにでて来ました。

 

    どうやら、銭湯と風俗が、一緒になっていて、父親は、よくわかってなくて、危うくエッチするところでした、あの前まで行かないとわからないのか、中国人なのに、普通わかるんじゃないのかと思いました。

 

   人生初の海外だったので、いろいろカルチャーショックでした。

 

つづく

 

    私のオススメのメガネ拭きです、値段もお手頃で、ウェットタイプなので、何処でも使えて重宝しています(^_^)

    私は、勿体無いので、一緒に携帯も拭くようにしています。