読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

成功する人生

自分の人生の記録に書いてるので、興味があれば見てください。

まあまあ波瀾万丈な人生 13

 こうして、空手の稽古に没頭していきました。

 2年ぐらいたった頃、先輩が一人辞め、二人辞め、全然来なくなったりして、私より上の先輩達が、稽古に来なくなってきました。仕方がないので、私も少年部の稽古の指導を手伝ったりするようになりました。私の先生は、熱が入って、カッとなるとやりすぎるところがありました。中学生の子供に、ローキックを教えていて、『ちがう』と言って、足を思いっきり振り回して靭帯切ったり、小学一年生ぐらいの子供が、腕立てをできなくて泣いていたら、剣山を体の下にいれて、無理矢理やらせたりしていました。

  強くしてやろうという、気持ちはあるみたいなのですが、頭に血がのぼるとムチャクチャ切れます。

  そういうので、先輩達が嫌気がさしてしまったのではないかと思っています。

   私は、まだ、帯も下の方だったので、そこまで先生と関わることもなかったのですが、この辺りから、先生の付き人のような関係になっていきます。

   この辺りから、週三日だった稽古が毎日になり、日曜日も、出稽古にいったり、先生とその地域を統括している道場にいったりと空手付けの毎日でした。

   稽古も厳しくなって、先生と組手をして、倒されるとたちあがるまで、蹴り続けられたり、空気イス(膝を曲げて、イスがあるかのように空中に座る姿勢をつづける)これがキツくて、途中でしゃがんでしまうんですが、しゃがんだら思いっきり腹を蹴り上げられて、また、空気イスの姿勢になり、しゃがんだら、また、蹴られるというのを30分とかやらされたり、組手で腹を蹴られ過ぎてオシッコに血が混じっていることもありました。

  私は、強くなっていく、自分が嬉しくて、どんな厳しい稽古にも耐えていましたが、自分が強くなることにしか興味がなかったので、子供に教えたりするのは嫌いでした、その時間があるなら、自分の稽古をしたいと思っていました。

   そうこうしているうちに、試合で勝てるようになってきました。今まで、何をやっても、中途半端で、トロフィーとかもらったことがありませんでしたが、地方の小さな大会ですが、準優勝して人生で初めてトロフィーをもらいました。本当に嬉しかったです。こうして、益々、私は空手にハマっていきました。以前、私がやられた友達のA君より確実に強くなりましたが、もう復讐なんて興味がなくなっていました。つづく

 

 

トータルフィットネス(TotalFitness) プッシュアップバー  STT020

トータルフィットネス(TotalFitness) プッシュアップバー STT020

 
ファイティングロード (FIGHTINGROAD) キングofベンチ

ファイティングロード (FIGHTINGROAD) キングofベンチ