読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

成功する人生

自分の人生の記録に書いてるので、興味があれば見てください。

彼女とケンカ

   昨日は、彼女とケンカしてしまいました。

   私の彼女は、すごい凶暴で、すぐに暴力をふるいます。

 

    とても大切に思っているのですが、彼女の行動が自分勝手に感じてしまって、つい文句を言ってしまうのですが、三倍返しにあいます。

 

   いらんこと、言わなければいいのかと思うのですがいってしまいます。

 

   今している借金も彼女と、一緒になる為にしたのですが、

自分の為にしたんだろと言われます。

 

   確かに、彼女と一緒になることが、自分の為なのですが、すぐに切れて暴力を振るうので、ほとほと嫌になってきます。

 

   こっちが、手を出さないのを知っていて、顔面を殴ってきます。

 

   ただ、前にも書いたのですが、三界は、唯心の所現なので、すべての現れてくることは、自分の心の現れであるので、私の心の現れが、彼女であり、彼女の行動であるはずなのですが、どの心が間違っているのか、今はわかっていません。すべての現れは、神の計らいであるので、この現象から、何か学ばねばならないのですが、今はわかっていません。

 

    彼女は、悪くないし、自分が成長する為に、必要な経験だと思っているのですが、頭では、わかっていても、腹には落ちてきていません。

 

   時間が経てば、いろいろわかってくるのですが、俺が、アホなのかもしれません。

 

    前の結婚で失敗したのは、元嫁を自分のパートナーとして見ずに、性欲処理の相手としてみていたのが悪かったと思っていたので、今は、オナ禁(射精禁止)をして、彼女をそういう風に見ないでいるつもりなのですが、やはり性欲のはけ口として見てしまっているのか?違うところに原因があるのか、まだ、わかりません。

 

 

    時間が経てば、いろいろわかってくるのですが、彼女の幸せを願うようにしているつもりですが、多分、心から思えていないですね。

 

   報われたいと思ってしまいます。こんなにしてるのだから、何か俺の欲しいものを返してくれと思ってしまいます。

 

   本当に、弱い男だなって思います。

 

   自分の悪い点を見つけて、改善したいです。

 

   人生のルールみたいなのが、簡単に解ればいいのに、でも、わからないから試行錯誤しながら、成長していくのかなって思います。

 

 

メガネクリーナふきふき 眼鏡拭きシート 40包(個包装タイプ)

メガネクリーナふきふき 眼鏡拭きシート 40包(個包装タイプ)

 

 

オススメのメガネ拭きです。

 

まあまあ波瀾万丈な人生 19

   こうして、中国に着くと、空港を出てすぐに乞食の子供が集団で抱きついてきました。そうすると嫁が、触らせたらあかんと言って突き放してました。何でも抱きついて、その隙に財布をするそうです。

 

   今は、どうなのか知りませんが、当時は、一人っ子政策で、二人目の子供から、戸籍を持つには、お金を払わないといけないらしく、お金を払えない親が子供を捨てるみたいで、マイナス15℃のなか、曲芸してる兄妹のルンペンもいました。

 

   そして、割と大きめの百貨店に入ると、普通に店を構えて、偽ブランドの店がありました。

    本物だと言ってくるのですが、グッチの財布が、いくらか聞くと、3千円ぐらいだと言ってきます。すごいのは、中に入ってる紙切れまで、本物と同じように作ってました。

 

     イトコの彼氏は、買っていました。どうやって持って帰るか聞いたら、腕にはめて帰ると言ってました。

 

    前の奥さんの家は、すごいボロボロでトイレは外にあって、トタンで囲われた所に、穴が空いているだけでした。

 

   夜は、マイナス15℃とかになるので、外では無理だからと、洗面器を台所に置かれて、ここでしてと言われました。本当にこんな所で用をたすのか?と思っていたら、朝、元嫁は、父親が朝食を作っている前で、洗面器にオシッコしていました。すげーな中国人って思いました。

 

    元嫁には、妹がいて、昔は裕福だったらしく、お金を払って戸籍をかったみたいで、その後、父親が友達に騙されて、貧乏になったらしいです。確かに、父親は、人が良くて、親戚のマージャンでも、カモにされてるみたいでした。

 

    風呂がないので、銭湯に行くことになったのですが、風呂に入ってからでたところに、ショーをしてるところがあって、そこで、父親とショーを見ていると、二人組の女性が来て、何か話しかけて来ます、私は、『日本人です』という、中国語しか、わからなかったので、そういうと、父親とやたら、話をし出して、身体にまとわりついたりしていて、父親の腕を引っ張って、何処かに連れて行こうとしていて、私も一緒に連れて行かれて、個室が並んでるようなところの前にくると、父親が必死になって腕を振り払い、私を引っ張って、そこから逃げるようにでて来ました。

 

    どうやら、銭湯と風俗が、一緒になっていて、父親は、よくわかってなくて、危うくエッチするところでした、あの前まで行かないとわからないのか、中国人なのに、普通わかるんじゃないのかと思いました。

 

   人生初の海外だったので、いろいろカルチャーショックでした。

 

つづく

 

    私のオススメのメガネ拭きです、値段もお手頃で、ウェットタイプなので、何処でも使えて重宝しています(^_^)

    私は、勿体無いので、一緒に携帯も拭くようにしています。

 

 

 

 

     

ナポレオンヒルの『悪魔を出し抜け』

 

悪魔を出し抜け!

悪魔を出し抜け!

 

    ナポレオンヒルの『悪魔を出し抜け』という本を読みました。ナポレオンヒルという人は、たくさんの成功者から話を聞き、『思考は現実化する』という本の著者で、この本は、成功哲学の本として、世界的ベストセラーで、もう、内容は、はっきり覚えてないのですが、素晴らしい本でした。

 

    そのナポレオンヒルが、書いた本なので楽しみにしていました。

 

     私は、自己啓発本が好きで、結構、いろいろ読みましたが、ナポレオンヒルの本は、すごいおすすめします。

 

   この本は、前半は、ナポレオンヒルの人生を、後半は、悪魔とナポレオンヒルとのやりとりが書いていて、何故、人が不幸になるのか、そうならない為には、どうすればいいのかが、書いています。

  

 

     以前、書いた『生命の実相』という本と、似たような内容の部分が沢山あり、日本だろうと、海外だろうと、人が生きて行く上で大切なことは、変わらなくて不変的なものなのだなと思いました。

 

 

      この本の中には、性欲のことも書いていて、今続けている、オナニー禁止(断射)は、成功につながる道だと確信しました。私が、挫折することなく継続できたなら、必ず成功すると思います。

 

      本を読むことで、短い時間で、著者が経験し、学んできたことを勉強できることは、本当に人生にとって素晴らしいことだと思います。

 

 

 

悪魔を出し抜け!

悪魔を出し抜け!

 

 

 

生命の実相―頭注版  (第1巻)

生命の実相―頭注版 (第1巻)

 

 


 

お金について

   私は、現在、借金を抱えていて、それを、返済する為に、いろいろと副業を始めました。

 

   別に、サラリーマンなので、真面目に無駄遣いしないで、病気にならなければ、返せるとは思うのですが、かなりの時間がかかってしまうことと、将来の為に、いろいろな方向性を持って収入を得たいと思い、ブログとFXをしています。

 

   私は、パソコンに触ったことが、今までほとんどなくて、パソコンに触るのが苦痛で、今もスマホ中心に、ブログを書いています。

 

    何でも、そうですが、簡単にお金を稼ぐ方法はないと思っています。

 

    FXもそうですが、長く継続して、経験を積んで行くうちに、段々と利益を上げられるようになってくるのではないかと思っています。

 

     私は、お金が大好きです。お金を悪いみたいに言う人がいますが、自分達の生活を快適にする道具に過ぎないと思っています。

 

    車でも、人を楽に遠くの場所に運んでくれる便利な道具ですが、使い方によっては、人を殺してしまい、悪になります。お金も同じで、使う人間しだいで、善にも、悪にもなると思います。

 

    お金は、沢山あるにこしたことはないので、私は、お金が大好きです。

 

    FXをギャンブルだと言う人がいますが、お金を得る方法なんて、人を騙したり、不幸にしなければいいと思っています。

 

    FXは、正直なところ、お金の奪い合いで、より卓越した人が勝って、未熟な人が負けていきます。勝てるようになるには、時間と労力がかかります(私は、まだ始めたばかりなので全然勝てていないです)、一番安い金額で取引をしています。安い金額で勝てるようにならない限り、FXで勝てるようにならないと思っているからです。お金を掛けないで相場を研究すればいいかもしれませんが、お金を掛けないと、本気になれないので、勝てるようになる為の投資だと思ってやっています。

 

   私は、本業の仕事も好きなので、あくまで副業として、FXをやりたいと思っています。

   将来的に、定年後、年金だけではなくて、何か収入を得るスキルを身に付けたいです。

 

    いつか、勝てるトレーダーになれたら、いろいろ書いてみます。

まあまあ波瀾万丈な人生 18

   こうして、中国人の彼女が出来ましたが、何せ女同士でよく競争をしていて、誰かが時計を買って貰ったら、私も欲しいと言いだし、30万円ぐらいするオメガの時計を買わされました。食費とかも、自分達で食べていたので、同伴して店に行く時は、みんなの分の食材を買わされたりしていました。

 

    外人パブに行くのが楽しくなって、他の店にもいったりしていました。この時、既婚者で子持ちの友人Bさんがいたのですが、一緒に飲みに行って、彼女の友人を紹介してあげました。どうせ三カ月したら帰るから、適当に遊ぶように行っていたのですが、ハマってしまって、離婚してしまい、他の外人パブにも行きまくって、借金だらけになってしまい、自己破産しました。親の家にも、借金取りがきて、本当に大変だったみたいです。本当に、これは後悔しました、あんな所に連れていかなければ、Bさんの人生は狂わなかったのに、これ依頼、私は、既婚者を飲み屋に誘ったりするのは辞めました。

 

    そして、適当に結婚するとか言っていたのですが、やはり一緒にいると、段々と好きになってきて、本当に結婚することにしました。

 

    その為には、中国へ行って、手続きをしないと行けなくて、一緒に中国に行くことにしました。この時、彼女のイトコと結婚する男性も一緒に行きました。このイトコの彼氏は、ものすごいカッコつけで、中国に行くのに、すごい薄着に革ジャンで、足元もジーンズに皮靴でした。私は、いろいろ調べていて、正月休みにいったのでー15℃ぐらいらしくて、雪山に行くような格好をしていて、彼氏に笑われましたが、私は、かなり寒いみたいだから、もうちょっと温かい格好してきた方がいいでと言いました。

 

    飛行機は、今は知りませんが、その当時は、中国の航空会社の便の方が、半額ぐらいで行けたので、中国の航空会社にしました。

    

    飛行機に乗って、窓の外を見ると、飛行機の翼が見えて、そこに何かゴミみたいのが付いてるなーって思っていると、動き出すと、ピラピラしていて、何とそこの塗装が剥げて取れかかってました。この時、マジで降ろしてくれーって思いました。本当に落ちるじゃないかと思いました。

 

 

     飛行機は、無事、中国の大連というところに到着しました。飛行機の着陸した場所から、空港まで距離があって、バスに乗って行くのですが、今まで経験したことがないくらい寒くて、隣の彼氏はどうしてるのかと見ると、メチャメチャ震えていて、唇も紫になってました。

 

   すぐに元嫁達と合流して、彼の服を買いに行くことになりました。

 

つづく

 

 

 

 

 

まあまあ波瀾万丈な人生 17

   こうして山奥で生活している内に、段々と私の考え方が変わってきましたが、そんなすぐに今までの自分を変えられるものでもなくて、仕事で知り合った人に誘われて外人パブへ行くことになりました。

    もう、この頃には、空手の先生も、私のことを諦めたみたいで、落ち着いていたので息抜きに行ってみようと思ったのと、女好きなので行くことにしました。まだ、この頃も、オナ猿でオナニーもしていました。

 

 

   この時、外人パブへ連れて行ってくれた人は、生粋の女好きで、外人相手だからと、嘘をつきまくって、自分は金持ちだと言っていました。私も、真似して社長の息子で金持ちだと、嘘をついていました。

 

 

    私は、せっかくいい本を読んで、素晴らしい人と出会っていたのに、結局、自分の欲望に負けて、間違った方向に流されてしまいました。この時、私がオナ禁(断射)していて、強い意志を持って、流されない生き方をしていたら、全然、違う結果になっていたと思います。

 

     類は友を呼ぶといいますが、この時の私は、少し変わり始めていたのですが、まだまだ、人として問題がありました。だから、友人もこういう人なのかと思います。この人とは、大喧嘩して、今は、絶縁状態です。おそらく私の心が変わってきたので、合わなくなってきたのだと思います。友人は、選んだ方がいいとは思いますが、自分が変われば友人も、自分の心に似た人が集まってきます。

 

    店に入って、隣に座ったのが、前の奥さんになります。元嫁は、中国人で、貧しい家庭の出身で、観光のビザできて、不法労働していました。今は、厳しくなったみたいですが、その当時は、そんな外国人が沢山働いていました。

 

    お金が欲しくて、働きに来ているので、若くて金持ちだと思ったようで、簡単にエッチできました。こうして、彼女と付き合うようになりました。すると、すぐに結婚して欲しいと言われ。まったく結婚する気はなかったのですが、結婚すると嘘をついていました。

    

    夜の店は、田舎とはいえ、とても高くて、一晩で何万も使いました。ずっと空手だけをしていて、まったくお金を使ってなかったので、貯金がずいぶん貯まっていたので、そのお金で店に通っていました。しかし、結婚するとなってから、お金がもったいないから、店に来なくていいと言われるようになりました。

 

    私は、こうして夜の店の楽しみを知ってしまいました。つづく

 

私の使っている空気清浄機です。加湿機能も付いてて、田舎から出て来て、咳が何日も止まらなくてこまった時に買いました。このおかげかわかりませんが、とりあえず咳は止まりました。

 

 

 

 

    

まあまあ波瀾万丈な人生 16

   こうして、山奥での先生を続けていました。

   その間、実家には空手の先生が私に合わせて欲しいと、何度か足を運んできたそうです。

 

   私は、好きだった 空手が出来なくなって、何もやる気がでなくて、毎日、ボーッとしていました。それを見かねたおじいさんが、私に『暇ですることがないなら、この本を読んでみなさい』と本を渡してくれました。

 

    その本は、谷口雅春と言う人が書いた本で【生命の実相】という本でした。

 

    この本は、宗教的な本で、この谷口雅春という人が、天の導きによって書いた文章や、キリスト教や、仏教などの教えの解釈の仕方など、実例を挙げて書いていました。

   

    おばあさんが、若い頃、病気をわずらい、医者にも見放された時に、この教えに出会い救われたそうでした。

 

     私の家は、母親がある宗教の熱心な信者でしたが、夫婦は、家庭内別居状態で幸せな人生を送れているようには見えませんでした。だから、私は、神様を信じていませんでした。

     空手の先生に、毎日、しばかれていたとき、私は、神様を信じていませんでしたが、この地獄から抜け出したい一心で、毎日、今日こそはしばかれないようにとお願いに行きました。時には、5000円もお賽銭をいれたこともありましたが、何も変わらなくて、やっぱり神様なんていないんやと思いました。

      

     そんな私ですから、『宗教の本なんて面白くないやろーけど、暇つぶしに読んだろか』という気持ちで読み始めました。

 

    読んでいくうちに、何故、神は人を救わないのかという理由が書かれていました。

    実は、神様(我々、人間を作った大いなる存在)は、我々、人間が幸福になる為のすべての物を与えてくださっていて、不幸になるのは、その人間の心の在り方の問題だと書いていました。 

 

    結局、私が人生うまく行かなくて苦しんでいたのは、自分が、自分が幸せになることばかり考えていて、周りを幸せにすることを考えていなかったから、幸せになれなかったということがわかりました。

 

     しかし、子供の頃は、そこまで悪い心を使ってなかったし、家庭が調和していなかったりしたのは、私のせいじゃないんじゃないかと思いました。

     それも、本には書いていて、命は行き通しであり、前世で積んだ業を、今世で消さなければならない、『撒いた種は、皆、生える』で、いい種も、悪い種も、自分が撒いた種は、いずれ実り自分が刈り取らなければならない時が来ます。

 

    だから、前世で撒いた種が、今世で、現れていて、自分がさして、悪い心を使っていなくても、不幸になったりします。

 

   それも、自分しだいで、変えることも可能だと書いていました。

 

    こうして、私は、自分の生き方を変え、誰かの幸せの為になる様な生き方をして行こうと思う様になりました。

 

      

 

生命の実相―頭注版  (第1巻)

生命の実相―頭注版 (第1巻)